ペット&ウェブのライフスタイルブログ

ペット&ウェブのライフスタイルブログ

犬や猫のいる生活と、気ままにWebページ巡り。#注目記事 #SNSの話題 #ウェブショッピング

【アニメ】クラシカロイドの音楽 第2シリーズのムジークとなったクラシック音楽の原曲一覧

おすすめ記事

アニメ『クラシカロイド』の第2シリーズでムジークとなったクラシック音楽の楽曲を解説します。わかりやすいように、対となるムジークも一緒に添えて載せていきます。


ClassicaLoid presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.4

アニメ『クラシカロイド』で“ムジーク”となった『クラシック音楽』を原曲で聴いてみる第四集です。

1. 交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」 ~第4楽章:アレグロ・コン・フォーコ

へルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界より』(英:From the New World、独:Aus der neuen Welt、チェコ語:Z nového světa)は、ドヴォルザーク1893年に作曲した、4つの楽章からなる最後の交響曲である。

日本においてはベートーヴェン交響曲第5番『運命』や、シューベルト交響曲第7(旧8)番『未完成』と並んで、「3大交響曲」と呼ばれることもある。

新世界より』という副題は、新世界アメリカから故郷ボヘミアへ向けて作られた作品だと言われている。
出発進行!!伝説へ 〜新世界から第4楽章より〜
作詞・歌 - みく / 作曲 - ドヴォルザーク / 編曲 - 千聖
・第1話『カバと弟と音羽館』ED

2. 交響曲第7番 イ長調 作品92 ~第1楽章:ポーコ・ソステヌート - ヴィヴァーチェ

リッカルド・ムーティ指揮 フィラデルフィア管弦楽団

3. 交響曲第7番 イ長調 作品92 ~第4楽章:アレグロ・コン・ブリオ

リッカルド・ムーティ指揮 フィラデルフィア管弦楽団
ベートーヴェンが41歳の頃、1811年から1812年にかけて作曲した交響曲。リズム重視の曲想から現代においても人気が高く、演奏される機会が多い。ダイナミックで生命力に溢れたリズムが全曲を支配する。初演は1813年12月8日、ウィーンにてベートーヴェン自身の指揮で行われた。

第5番「運命」や第6番「田園」におけるさまざまな新たな試みの後に、再び正統的な手法による交響曲に回帰した作品である。

リストは「リズムの神化」と、ワーグナーは「舞踏の聖化(独:Apotheose des Tanzes)」と大絶賛している一方で、ウェーバーは「ベートーヴェンは今や精神病院行きだ」との言葉を残し、ワインガルトナーは「他のいかなる曲よりも精神的疲労を生じさせる」と語っているなど、音楽家からの評価は様々である。
無敵のソナタ交響曲第7番より〜
作詞 - 高橋久美子 / 作曲 - ベートーヴェン / 編曲 - 布袋寅泰 / 歌 - 西川貴教
・第2話『マイリトルブラザー』ED

4. 歌劇「フィガロの結婚」序曲

ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団
ラブゲーム大作戦 〜フィガロの結婚より〜
作詞・編曲 - tofubeats / 作曲 - モーツァルト / 歌 - 遠藤瑠香、藤城リエ
・第3話『ひと目会ったその日から』ED

5. ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64-1「小犬」〈小犬のワルツ〉

ディヌ・リパッティ(ピアノ)
小犬のカーニバル 〜小犬のワルツより〜
作詞・編曲 - EHAMIC / 作曲 - ショパン
・第4話『フィーバー!レッツぷーぎー!』ED

6. 交響曲第9番 ハ長調 D944 「ザ・グレイト」 ~第1楽章:アンダンテ - アレグロ・マ・ノン・トロッポ

ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団
Life is beautiful 〜ザ・グレートより〜
作詞 - IMMI / 作曲 - シューベルト / 編曲 - A-bee / 歌 - シューベルト前野智昭
・第5話『偉大なる男』ED

7. プレリュード第15番 変ニ長調 作品28-15「雨だれ」

モーラ・リンパニー(ピアノ)
雨だれと憂事(うれいごと)
作詞 - EHAMIC / 作曲 - ショパン / 編曲 - EHAMIC
・第9話『まるのない世界』挿入歌

8. 愛の夢第3番 変イ長調

太田糸音(ピアノ)〈新録音〉
愛の矢の夢
作詞 - 麻倉真琴 / 作曲 - リスト / 編曲 - 浅倉大介 / 歌 - 石田燿子
・第7話『歌苗、お婿さん募集中』ED

9. パガニーニによる大練習曲 S141 ~第3番 嬰ト短調ラ・カンパネッラ

太田糸音(ピアノ)〈新録音〉
愛の鐘 〜ラ・カンパネラより〜
作詞 - 麻倉真琴 / 作曲 - リスト / 編曲 - 浅倉大介 / 歌 - 貴水博之
・第10話『リストvs.リスト 運命のゴング』ED

“ClassicaLoid” presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.5

アニメ『クラシカロイド』で“ムジーク”となった『クラシック音楽』を原曲で聴いてみる第五集の解説。

1. 楽劇「ワルキューレ」~ワルキューレの騎行

ドナルド・ラニクルズ指揮 ドレスデン・シュターツカペレ
make the revolution 〜ワルキューレの騎行より〜
作詞・編曲 - 蔦谷好位置 / 作曲 - ワーグナー / 歌 - ワーグナー松岡禎丞
・第12話『ワーグナーの野望』ED

2. ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2「月光」 ~第1楽章:アダージョ・ソステヌート

ルドルフ・ブッフビンダー(ピアノ)

3. ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2「月光」 ~第3楽章:プレスト・アジタート

ルドルフ・ブッフビンダー(ピアノ)
Song for the moon 〜月光より〜
作詞・歌 - ジャスミン・ロジャース / 作曲 - ベートーヴェン / 編曲 - 布袋寅泰
・第9話『まるまるのない世界』ED

4. 交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界より」~第2楽章:ラルゴ

クラウス・テンシュテット指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
GOING SWEET HOME ~新世界から第2楽章より〜
作詞 - 将 / 作曲 - ドヴォルザーク / 編曲 - 千聖 / 歌 - 将
・第14話『年忘れ!紅白ムジーク合戦』ED

5. メフィスト・ワルツ 第1番 S514「村の居酒屋での踊り」

スティーヴン・ハフ(ピアノ)
この曲は、管弦楽曲として1861年に作曲された『レーナウの「ファウスト」による2つのエピソード』の第1曲「夜の行列」と第2曲「村の居酒屋での踊り」のうち、後者をピアノ曲として編曲したものである。
メフィスト・ワルツ
メフィスト・ワルツ(ドイツ語:Mephisto-Walzer、英語:Mephisto Waltz)とは、フランツ・リストが作曲したピアノ曲及び管弦楽曲である。この題がつけられた作品は4曲存在する。うち1曲は未完。
  • メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」S.514
    『レーナウの「ファウスト」による2つのエピソード』の第2曲(S.110/2)「村の居酒屋での踊り」を編曲したピアノ曲
  • メフィスト・ワルツ第2番 S.515
    第1番からおよそ20年後、1878年-81年に作曲された。サン=サーンスに献呈。ピアノの連弾(S.600)、管弦楽版(S.111)がある。冒頭及び終結部に「悪魔の音階」として知られる三全音(トライトーン)が効果的に使用され、部分的には第1番以上に激しい表現がある。
  • メフィスト・ワルツ第3番 S.216
    1883年に作曲されたピアノ曲。ピアニストのマリー・ジャエルに献呈。音楽は苛烈でより悪魔的なものとなっている。
  • メフィスト・ワルツ第4番 S.696
    1885年に作曲されたピアノ曲。同年に改訂されている。第1版(S.216b)が1953年、第2版(S.696)は1956年になってようやく出版された。第2版は作品自体は完全に演奏可能な形で残されていたが、中間部に挿入する意図があったと推定される3ページのスケッチが見つかっており、構想上未完とされる。1978年にレスリー・ハワードが補筆完成。当初、「無調のバガテル」(S.216a) を「メフィスト・ワルツ第4番」にする予定であったが、最終的にその題はこの曲に与えられた。
Mephisto Sheriff 〜メフィスト・ワルツより〜
作詞 - 麻倉真琴 / 作曲 - リスト / 編曲 - 浅倉大介 / 歌 - 玉置成実
・第17話『荒野のウエスタンロイド』ED

6. 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 ~第1幕への前奏曲

クラウス・テンシュテット指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
革命賛歌 〜ニュルンベルクのマイスタージンガーより〜
作詞・編曲 - 蔦谷好位置 / 作曲 - リヒャルト・ワーグナー / 歌 - 高津戸信幸
・第18話『さよなら、姉さん』ED

7. オーボエ協奏曲 ハ長調 K271a ~第1楽章:アレグロ

フランソワ・ルルー(オーボエ)、ジョン・ネルソン指揮 パリ室内管弦楽団

8. オーボエ協奏曲 ハ長調 K271a ~第3楽章:アレグロ

フランソワ・ルルー(オーボエ)、ジョン・ネルソン指揮 パリ室内管弦楽団
HAVE A NICE DAY! ~オーボエ協奏曲より~
作詞 - tofubeats / 作曲 - モーツァルト / 編曲 - tofubeats
・第19話『シューベルト憂鬱ゆううつ』ED

9. レーナウの「ファウスト」による2つのエピソード S110 ~第2番:村の居酒屋での踊り<メフィスト・ワルツ 第1番>

クルト・マズア指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
『レーナウの「ファウスト」による2つのエピソード』(ドイツ語:Zwei Episoden aus Lenaus Faust)S.110 は、フランツ・リスト1861年に完成させた管弦楽曲。第1曲「夜の行列(Der nächtliche Zug)」、第2曲「村の居酒屋での踊り(Der Tanz in der Dorfschenke)」の2つから成り、後者の第2曲をピアノ独奏用に編曲したのが有名な「メフィスト・ワルツ第1番」(S.514) である。
  • 「夜の行列」
    夏の夜、馬に乗り森を彷徨うファウストは、美しいナイチンゲールの鳴き声や木々の間から漏れる綺麗な光にも心を動かさない。そこへ聖ヨハネ祭を祝う行列が賛美歌を歌いながら近づき、やがて通り過ぎてゆく。清らかな歌声が夜の闇の中に消え去ったとき、一人残されたファウストは馬のたてがみに顔をうずめ、悪魔に魂を売った自らの運命を想いむせび泣く。
  • 「村の居酒屋での踊り」
    ファウストメフィストフェレスに連れられて、村の農民たちが踊り集う酒場へ現れる。 楽士からヴァイオリンを拝借したメフィストは、激しい舞曲を弾き始め、農民たちを陶酔のなかに引き込む。ファウストは黒髪の踊り子マルガレーテを誘い、森の中に消えてゆく。
編曲
2曲共にピアノ独奏版と連弾版があり、特に第2曲のピアノ独奏版は「メフィスト・ワルツ第1番」の名で管弦楽版より有名である。また、第2曲のピアノ独奏版が管弦楽版から離れ独自の音楽を展開するのに対して、連弾版は原曲に忠実な編曲となっている。
  • ピアノ独奏版
    「夜の行列」(S.513a)、「村の居酒屋での踊り」(S.514)
  • 連弾版
    レーナウの「ファウスト」による2つのエピソード(S.599)
※ ニコラウス・レーナウ(Nikolaus Lenau、1802年8月13日 - 1850年8月22日)は、ハンガリー出身の詩人。レーナウのファウストは24の詩から成るが、リストは動と静の対照的な2つのエピソードを取り上げて作曲した。

ClassicaLoid presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.6

アニメ『クラシカロイド』で“ムジーク”となった『クラシック音楽』を原曲で聴いてみる第六集です。

1. 楽劇「神々の黄昏」 ~ジークフリートの葬送行進曲

クラウス・テンシュテット指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
闇を切り裂く光 〜ジークフリートの葬送行進曲より〜
作詞・編曲 - 蔦谷好位置 / 作曲 - ワーグナー / 歌 - Naumi
・第23話『待ち人来たりて城が建つ』ED

2. 英雄ポロネーズ 作品53

マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
ジャパニメーション英雄ポロネーズ
作詞・編曲 - EHAMIC / 作曲 - ショパン
・第21話『英雄ショパン』ED

3. マタイ受難曲 BWV244〜[第2部]第39曲 憐れんでください、神よ(アリア-アルト1)

ニコラウス・アーノンクール指揮 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、ベルナルダ・フィンク(アルト1)

4. マタイ受難曲 BWV244〜[第2部]第68曲 私たちは涙を流しながらひざまずき(合唱1, 2)

ニコラウス・アーノンクール指揮 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスアルノルト・シェーンベルク合唱団(合唱指揮:エルヴィン・オルトナー)、ウィーン少年合唱団(合唱指揮:ノルベルト・バラチュ)
But I still love you forever ~マタイ受難曲より~
作詞 - つんく / 作曲 - バッハ / 編曲 - つんく♂クラシカロイド楽団 with 鈴木俊介 / 歌 - Hotzmic, Katzmic, Kitzmic
・第24話『姉と弟』ED

5. 交響曲第40番 ト短調 K550 ~第1楽章:モルト・アレグロ

ニコラウス・アーノンクール指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
光の旅人 ~交響曲第40番より~
作詞 - tofubeats / 作曲 - モーツァルト / 編曲 - tofubeats / 歌 - 中川晃教
・第24話『姉と弟』ED

6. 交響曲第5番 ト短調 作品67「運命」 ~第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ

オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団

7. 交響曲第5番 ト短調 作品67「運命」 ~第2楽章:アンダンテ・コン・モート

オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団

8. 交響曲第5番 ト短調 作品67「運命」 ~第3楽章:スケルツォ(アレグロ)

オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団

9. 交響曲第5番 ト短調 作品67「運命」 ~第4楽章:アレグロ

オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団
運命、崩れ落ちる。 〜交響曲第5番より〜
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - ベートーヴェン / 編曲 - 布袋寅泰 / 歌 - 橋本さとし
・第24話『姉と弟』ED