ペット&ウェブのライフスタイルブログ

ペット&ウェブのライフスタイルブログ

犬や猫のいる生活と、気ままにWebページ巡り。#注目記事 #SNSの話題 #ウェブショッピング

暮らしに役立つアイテムを探す
SHOPPING MALL

【犬】このこのごはん


おすすめ記事

このこのごはん

「コノコトトモニ」の商品、小型犬のお悩みを解決するために作られた国産の小型犬専用フード「このこのごはん」をご紹介します。

「コノコトトモニ」とは、わんちゃんの健康にこだわり、人も食べることができる安全安心な品質をもったドッグフードを取り扱うブランドです。

ブランド名の由来は、「この子(わんちゃん)と 楽しいときも悲しいときもずっと共にいられますように。」という想いから。

  • 「健康」と「食いつき」を追求したドッグフード
  • 小型犬に多い「涙やけ」「におい」「毛並」の改善
  • 人も口にすることができる安心安全な原材料を使用したヒューマングレード
  • 日本国内の工場で丁寧に生産

「このこのごはん」は、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードではありません。

「グレインフリー」とは?

「グレイン」は日本語にすると穀物と訳されます。「イネ科作物の種子」と「豆科作物の種子」を含む総称の一つが穀物の定義とされています。

イネ科作物の種子

米、麦、粟(あわ)、稗(ひえ)、黍(きび)、トウモロコシ など。

豆科作物の種子

大豆、あずき、えんどう豆などの豆類全般のことを指します。

一方、穀物の英語「grain (グレイン)」では、一般的に豆類を含みません。

日本と海外(英語圏)では穀物の定義が異なる

そこで疑問に思うのは、ドッグフードにおける「グレインフリー」の定義ですが、そもそも「グレインフリードッグフード」という言葉は、海外で生まれた言葉です。英語圏ではGrains(穀物)とBeans(豆類)は別物として扱われているため、ドッグフード業界でも豆類はグレインとして扱われません。

ドッグフードにおける「グレインフリー」とは?

以上のことから「グレインフリードッグフード」とは、イネ科作物の種子不使用のドッグフードという意味となるので、一般的に豆類が使用されているか否かは無関係ということになります。なお、ドッグフードに多く使用されるイネ科の種子類は主に、米・麦・トウモロコシ。「グレインフリードッグフード」は、主にこれらが含まれないものを指しています。

グレインフリーが良いとされている理由

グレインフリードッグフードが良いとされる大きな理由は、グレインは犬にとってアレルゲン(アレルギー源)となりやすいからです。確かに、グルテンを含む小麦やライ麦などは、アレルゲンとなりやすいので避けたほうがいいと思います。実際にグルテンにアレルギーを持つ犬は多いです。

「このこのごはん」がグレインフリーではない理由

しかし、すべての穀物がアレルギーを引き起こしやすいわけではありません。中には白米や玄米、大麦などのようにグルテンを含まず、アレルゲンになりづらい穀物もあります。

「このこのごはん」では、 トウモロコシや小麦などのアレルギーを引き起こしやすいとされている食材は極力配合せず、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれる玄米などの雑穀をフードのつなぎとして配合しています。ドッグフードに含まれる穀物もフードに加工する時点で熱を加え、 栄養を吸収しやすい形に変化させています。

代表的なグレインフリードッグフード(リンクは公式サイトへ移動します)

会社データ

製造しているのは、2017年12月設立の「株式会社オモヤ」という会社です。

『株式会社オモヤ』
〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋2丁目12-12-2F-G号室

コノコトトモニ事業部

公式HP:https://konokototomoni.com/

小型犬のためのごはん【このこのごはん】(公式サイトへ移動します)というドッグフードを販売している事業部です。

HAN.d(ハンド)事業部

公式HP:https://hand-webshop.com/

ワキ汗専用デオドラントジェル「Sinai(シナイ)」を販売する事業部です。シナイという名の由来は、構想から商品が完成するまで、「471日」もの日数が経っていたことから。

他にも、手元用美容液「Siro jam」という商品も手がけています。

なお、ブランド名でもある「HAN.d」の由来は、「Have A Nice day」「手と手をとりあって寄り添う」という意味が込められています。

araou事業部

公式HP:https://araou.jp/

araouは、毎日の「洗濯」にスポットを当て、洗濯に役立つ情報や、ちょっぴりうれしい情報をお届けるライフスタイルメディアです。

関連会社

株式会社オモヤには関連会社が2社あります。「株式会社ファンファレ」と「株式会社コハルト」です。

株式会社ファンファレ

株式会社オモヤの関連会社の中でいちばん古い会社になります。化粧品や健康食品などを開発して商品化しています。楽天Amazon(アマゾン)にも商品を出店するなど、スタッフが活躍できる場をどんどん広げている会社です。

「女性のキレイとゲンキを応援したい」をコンセプトに、するるのおめぐ実、わたしのきまり、かほりのおめぐ実、ましろっぷなどを販売しているブランドです。

商品ラインナップ(リンクは公式サイトへ移動します)

会社データ

事業内容は、健康食品・化粧品の販売、健康食品に付随する商品の販売。

株式会社ファンファレ
〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋2丁目12-12-2F-F号室

公式HP:http://fanfare-shop.com/

株式会社コハルト

すべてのお客さまの“心を晴れやか”にしたい、そんな想いが「コハルト」という店名に込められています。

「こころがはれると―」を応援したいというブランドコンセプトの元、ホワイトニングジェルの「はははのは」や、カルシウムサプリの「かるみるく」、自分では分かりにくいニオイのエチケット対策「すきいきぷらす」などを販売している会社です。

商品ラインナップ(リンクは公式サイトへ移動します)

会社データ

『株式会社コハルト』
〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋2丁目12-12-2F-F号室

公式HP:https://co-heart.com/

おすすめ記事