ペット&ウェブのライフスタイルブログ

ペット&ウェブのライフスタイルブログ

犬や猫のいる生活と、気ままにWebページ巡り。#注目記事 #SNSの話題 #ウェブショッピング

【犬】ロイヤルカナン「アミノペプチド フォーミュラ」食事療法食・食物アレルギーによる皮膚疾患および消化器疾患の犬へ

おすすめ記事

ロイヤルカナン「アミノペプチド フォーミュラ」

痒そうに体を掻いている。皮膚を見たら発疹が見えるなど、「もしかしてアレルギー?」と思った場合は、動物病院で受診しましょう。

アレルギーの種類

  • 食物アレルギー性皮膚炎(食物有害反応)
  • 接触アレルギー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • ノミアレルギー性皮膚炎

アレルギーの原因となるものを「アレルゲン」といいます。アレルゲンによって病名が変わります。

食物アレルギーとは?

犬のアレルギーは、人間のアレルギーと同じで本来は体を守るための免疫システムが過剰に反応してしまい自らの体を攻撃している状態です。犬の場合は、特に皮膚に症状が出て皮膚炎を起こします。

食物アレルギーは、主にタンパク質がアレルゲンとなることが多く、分子が大きく消化されにくいタンパク質が含まれていると、そのタンパク質を体内の免疫システムがアレルゲンと認識してしまうことによってアレルギーが引き起こされます。

タンパク質の分子をペプチドレベルまで分解してしまえば反応しにくいとされていますが、ペプチドやタンパク質を含まない油脂(大豆油など)にもタンパク質の痕跡を感じ取って反応する過敏なアレルギー体質もあるようです。

アレルゲンの交差性

アレルゲンの交差性にも注意が必要です。アレルゲンの交差性とは、その特定のアレルゲン以外のものに対しても、アレルギー反応を起こすことをいいます。異なったタンパク質でも、その構造分子が似ていることによって、抗体が両者を識別できずに反応をしてしまうのです。

ブタクサの交差アレルゲンは、ヒマワリ・メロン・スイカ・バナナ・キュウリ・ラテックス(天然ゴム)・レタス・タンポポ・トマト・リンゴなど。ポテトの交差アレルゲンは、ピーマン・ナスなど。

食事療法食

犬用 アミノペプチド フォーミュラは、食物アレルギーによる皮膚疾患および消化器疾患の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事の窒素源はアミノ酸およびオリゴペプチドで構成されており、炭水化物源としてコーンスターチを使用しています。

ロイヤルカナン アミノペプチド フォーミュラ ドライの特徴

まとめ

食物アレルギーは、「完治」する事はないので寛解(かんかい)= 症状が落ち着いて安定した状態」を目標とします。アレルゲンを特定していく事は非常に難しく、時間と根気が必要です。